2013-09-26

夏はのんびり避暑、冬はスキー。福島県裏磐梯にある「しゃくなげペンション」に行ってきました!

こんにちは!

この9月の3連休に主人の会社の同僚と合計7家族で、福島県の裏磐梯にあるペンションに泊まり五色沼へハイキングに行ってきました。

今回はこの旅行についてお話ししたいと思います。

しゃくなげペンションで、のんびり避暑

今回利用させてもらったのは、裏磐梯高原にある『しゃくなげペンション』です。

しゃくなげペンション

ペンションは、ログハウス風な感じで、木のぬくもりが感じられます。また、館内には床暖房が設置させているので、冬でも十分暖かいです。

付近には、他にもペンションがいくつか立ち並んでいます。

ただ、こちらのペンションには目立った看板が少ないので、初めて行く方には少し道が分かりづらいかもしれません^^; いかれる方は事前にしっかり場所をチェックしてからいきましょう。

ペンションの周りにはコンビニぐらいしかありませんが、だからこそゆっくりできます。ちなみに、コンビニ食等持ち込みOKですよ!

画像2

余談ですが、上の写真を見て「看板が暗いような?」って思いませんか?

実はこの付近にあるお店の看板は、景観を損なわないように看板が茶系なんです。他にも郵便局の看板は本来オレンジですが、こちらも茶色でした。

普段見慣れた派手な看板がいつもと違うのは新鮮です。こういう看板を探してみるのも面白いですよね。

立ち寄り湯でゆっくり温泉に浸かりました

ペンションから、車で5分ほどのところに星野リゾート裏磐梯ホテル(旧裏磐梯猫魔ホテル)があり、車で15分ほどのところに天然温泉とプールのある施設「ラビスパ裏磐梯」があります。

ペンションにもお風呂はありますが、私は大きい湯船でゆっくり温泉に浸かりたいので、足を伸ばして行ってきました。料金やお風呂の内容や広さがそれぞれ違いますので、内容を確認した上で行きましょう。

私は今回、「ラビスパ裏磐梯」を利用しました。

画像3

五色沼でのんびりハイキング

今回の旅行で私達は五色沼に行ってきました。

五色沼はその名のとおり、いくつかの沼(毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼など)で構成された沼です。

貸しボートもあります。

画像4

でも、福島の夏はあっという間に過ぎ去ってしまうため、9月の下旬では少し肌寒くボートに乗るのは止めました。

もちろん、真夏のボートはすごく気持ちいいですよ!

ボートの代わりに今回は五色沼ハイキングコースを楽しんできました。

ペースを子供の足に合わせ、途中休みを入れながら歩いたので、1時間40分ぐらいかかりました。子供がある程度大きい(小学生ぐらい)なら、もう少し早く行けます。

また、アップダウンが激しいところや、道になっていないぐらい険しいところもありますが、幼稚園ぐらいの子だったら、最後まで歩けるかと思います。

画像5

私の子ももうすぐ3歳なのですが、(途中疲れて寝てしまいましたが、)険しいところやアップダウンが激しいところも頑張って歩いてました。お友達がたくさんいたから頑張ったのかもしれませんね。

ハイキングコースの終わりには、休憩所があります。がんばってたくさん歩いたので、ご褒美にアイスクリーム(ジェラード)を上げたら大喜びでした!

このハイキングコースは、小さい子供がいると片道1時間半以上かかり、帰りも同じ道を戻るとなると大変なので、私達は運転手だけバスに乗って駐車場まで戻り車で戻ってきてもらいました。

バスも1時間に1,2本しか走っていないので、ハイキングが終了した時点でまずは、バスの時間を調べる事をおススメします。

沼の様子です。

みどろ沼

画像6

途中、こんな川もありました。子供達、大はしゃぎしてました。

画像7

弁天沼

画像8

青沼

画像9

冬は猫魔スキー場でスキー&スノーボード

今回は秋でしたので出来ませんでしたが、冬は近くにスキー場があるのでスキーやスノーボードもできます。東北ならではの『上質な雪』で滑るのは、とても気持ちがいいです!

スキー場に隣接したホテルや温泉施設もあるので、スキーを目的とする場合は、ペンションではなくこちらを利用するのもいいと思います。

宿泊料金等

平日、土日でも違うし、食事の有無や割引券の有無によって料金が変わってくるのでなんとも言えませんが、今回私達は大人1名6000円で利用させてもらいました。

トラベルサイトなどで温泉の割引券付や冬にはリフト券付などの宿泊プランも取り扱っているので、こちらを使うとスムーズで便利かもしれません。

しゃくなげペンション
福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ケ峰1093

名称五色沼
電話
住所福島県耶麻郡北塩原村大字桧原
電話公式サイト