2016-09-22

中古車のガリバー2016年上半期売れ筋中古車ランキング発表

ガリバーの中古車で有名な株式会社IDOMから2016年3月から8月の半年間で売れ筋中古車ランキングの発表がプレスリリースでありました。新車販売台数のランキングは、一般社団法人日本自動車販売協会連合会が毎月発表しておりますが、中古車の車種別販売数ランキングは無いので、とても参考になるデータです。

2016年上半期(3月〜8月)中古車販売ランキング

順位 車名 メーカー
1 タント ダイハツ
2 ワゴンR スズキ
3 セレナ 日産
4 ムーヴ ダイハツ
5 フィット ホンダ
6 プリウス トヨタ
7 ステップワゴン ホンダ
8 ラパン スズキ
9 N BOX ホンダ
10 ヴォクシー トヨタ

上半期の傾向

上半期1位のタントのようなスーパートールワゴン系は、現行モデルからひとつ前のモデルといった、比較的新しいモデルが人気となっています。対照的にワゴンRなど歴史の長いトールワゴン系の車種については、現行モデルよりも、やや古いモデルが主力となっており、新車を含む高年式車は、より背の高いモデルへ人気が移行してきている傾向がみられます。

タント、スペーシア、N BOXなど人気のあるスーパートールワゴン系は、各社ともに燃費などの車の性能がかなり上がっていることと中古車自体も人気が高いため価格差がそれほど発生しない為に比較的新しいモデルが選ばれているようです。

新車の場合はオプションなどをいれると車両価格よりも数十万レベルで値段が高くなってしまいますが、中古車であればオプションなども含めた価格であるので、現在や直近のモデルでオプションが装備された車であれば、新車を購入するのに比較して、かなり予算を抑えた購入ができ、そういった理由からスーパートールワゴンは比較的新しいモデルが人気となっているのでしょう。

タント、スペーシア、N BOXなどのスーパートールワゴンを検討される場合は、新車でオプションを付けた価格と直近モデルの中古車との価格を比較して検討することをおすすめします。

一方、トールワゴン系は発売から時間が経っているためスーパートールワゴン系と比較して価格的にもこなれた中古車が多いため、古いモデルが主力となっていると推測されます。

普通車で上位にランクインしたセレナは、新型に自動運転技術を搭載したことで話題となった影響もあり、それまでのモデルである先代セレナがかなり好調なことから、上位を維持。同様に、新型モデルが発売されたプリウスも3代目プリウスがよく売れており、セレナとは違い、このモデルのみでランキング上位につけるほどの流通量があります。かなり手ごろ感がある価格帯から極上個体まで幅広い流通量がこれを支えている。

3位のセレナは7位のステップワゴン、10位のヴォクシーなどと並び子育て世代に人気の高い2000ccのMクラスミニバンです。一般社団法人が毎月発表する車種別新車販売台数で一時はミニバンの中で毎月販売数トップを取るほど売れた車種でもあるため、中古車の流通量も多く、さらに9月に新型が出ることで矢沢永吉さんのテレビCMが多く流れたことも影響し上位となったのでしょう。

 全体的には、ミニバンやコンパクトといった、実用的な車種が多く占めている状況が続いています。
(11位以下20位まで:ライフ、スペーシア、モコ、ノート、オデッセイ、ヴィッツ、ミラ、ワゴンRスティングレー、ハスラー、BMWミニ)

まとめ

中古車で流通量が多い人気車種は、購入する立場ではより自分の趣味にあったオプションやスタイルの車を見つけやすいのと同時に、何年か後に家族構成が変わって下取りするときにもより高い値段で査定されやすいというメリットがあります。

単なる道具ではなく、子供と一緒に毎日の生活や想い出をつくる相棒としてのマイカーを選ぶとき、ミニバン、コンパクトカー、SUV、軽スーパートールワゴンなど、それぞれ違った用途がありメーカーごとに味のあるクルマがいっぱいです。

どうしても、最後の最後にどの車種にするか絞れないときは、こういったランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?

新車にする場合も中古車にする場合も、クルマを購入するのが初めての場合は、まずはインターネットで見積もりをとることで、購入するときにどんなお金がかかるのかがわかるので、他との比較がしやすくなりますよ。

下記、ガリバーの公式ページから、中古車検索ページのリンクを載せておきますので、チェックしてみてください。